「飲酒運転等に対する行政処分の強化」について

2009年5月20日

shobun1.gif

 

免許を取り消された場合の免許を受けることのできない期間(欠格期間)の最長を、5年から10年に引き上げます。
酒酔い運転、酒気帯び運転・ひき逃げ等の点数を大幅に引き上げます。例えば、酒気帯び運転(0.25以上)(※1)は免許の取り消しの対象となります。
※呼気1リットルにつき、0.25mg以上のアルコールを保有する状態

基礎点数の引上げ

悪質・危険行為

飲酒運転等に対する行政処分の強化[PDF](364KB)

一般違反行為に係る累積点数の区分[PDF](842KB)

特定違反行為に係る累積点数の区分[PDF](96KB)