生活安全警察

2010年4月13日

健全な社会生活の実現のため、犯罪の未然防止を図る。

生活安全警察

少年問題やストーカー対策、悪質商法等、日常生活における身近な問題から社会全体の安全に関わるものまで幅広い分野を担当している。

先輩からのメッセージ

Q1.現在の業務内容は

主に、サイバー犯罪の取締りと予防に関する業務を担当しています。具体的には、各警察署のサイバー犯罪捜査の支援やサイバー犯罪抑止のための情報セキュリティ対策等を行っています。

Q2.警察官を目指した理由

以前は、プログラマーとして働いていました。プログラマーの仕事も顧客の要望を具体化していくなど、やりがいのある仕事だったのですが、「より多くの県民のために仕事をしたい」と思い、警察官に転職しました。

Q3.今後の目標

ネットワークの中に潜む情報通信技術を悪用した犯人に法の裁きを受けさせ、サイバー空間の平穏を保つため、日々進歩する情報通信技術に関する知識や技能を身に付けたいと思います。

Q4.警察官を目指す後輩へのメッセージ

地域や人々のために自分の能力を発揮したいと思っている方にとって、警察官は最適の仕事です。「県民のために!」そんな熱い気持ちを持っているあなたと一緒に仕事のできる日を楽しみにしています。