警務警察

2010年4月13日

様々な面から警察基盤を支え、治安維持の一翼を担う。

警務警察

 

警察官の活動を後方から幅広く支援し、組織の円滑な運営に努めることで、沖縄県警を陰で支える。

先輩からのメッセージ

Q1.現在の業務内容は

警察内部の規程を制定するための法令審査や勤務制度の管理などを行っています。

Q2.警察官を目指した理由

学生時代は、教員を目指していましたが、もっとやりがいのある仕事はないだろうかと調べてみたところ、警察では広範囲な業務を各部門が一致団結して行っていると知りました。「職員が一つの目標に向かい団結して進んで行く」、そんな仕事に携わりたいと思い、警察官を志望しました。

Q3.今後の目標

今担当している仕事は、現場の警察官の業務が円滑かつ効率的に進むよう、各種規程の整備を図ることです。地味で目立たない仕事ですが、全ての業務の基礎となる重要な仕事なので、この仕事を通して、犯罪のない安全で安心な沖縄県の実現を目指し、全力を尽くしたいと考えています。

Q4.警察官を目指す後輩へのメッセージ

警察の業務は幅広く、皆さんの経験及び技術を活かせる分野が必ずあると思います。

私も警察官を拝命して以来、生活安全部門、刑事部門、交通部門、警備部門及び警務部門と様々な分野で勤務をしてきました。どの部門もとてもやりがいがあり、充実していました。皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。