警察学校に関すること

2010年4月13日

警察学校に関すること

Q1.警察学校に入るための心構えは。

特別なことはありません。しかし、これまでの学校生活等と異なり、給与をいただきながら学んでいくわけですから、社会人としての自覚を持って入校してください。

Q2.寮に入らなければならないのですか。

採用されると全員が警察学校で寮生活を送ります。仲間とともに暮らすことで友情や連帯感も芽生え、人間として成長することができます。

Q3.警察学校での生活は、どのようなものですか。

警察学校に入校中は、毎朝午前6時30分に起床し、午前9時から午後5時20分までは、警察官として必要な座学、訓練等が行われます。

夜は、自主活動の時間となっており、トレーニングや予習復習等、自由な時間となっています。午後11時には消灯となります。

Q4.柔道や剣道の経験がないのですが、大丈夫ですか。

警察官として採用される方のほとんどが、柔道や剣道について初心者です。

警察学校に入校したら、柔道か剣道のいずれかを選択し、それぞれ基礎から指導を受け、卒業するまでにはほとんどの者が有段者になりますので、心配することはありません。

 

柔道や剣道について

Q5.警察学校の訓練は厳しいと聞きましたが。

警察官の入校中の訓練は、基礎体力作りのための駆け足訓練や武道、被疑者を制圧、逮捕するための逮捕術訓練などがあり、体力向上を図るカリキュラムを組んでいますので心配はいりませんが、入校に備えてジョギング等の運動を日頃から行っていた方がスムーズに訓練に入れます。

Q6.入校中に給与はありますか。

警察学校に入校したときから給与が支給され、ボーナスも支払われます。