運転代行業の認定制度について(申請手続き)

2013年1月30日

認定の申請

自動車代行業を営もうとする者は、公安委員会に認定の申請をしなければなりません。

認定の申請は、各警察署の交通課の窓口で申請書及び次に掲げる書類を添付して提出します。

個人の場合

1. 戸籍謄本又は抄本(外国人にあっては、住民票の写し)
2. 成年被後見人又は被保佐人とする記録がない旨の登記事項証明書
3. 未成年者にあっては

 

民法で営業を許された未成年者の場合

  • 未成年者登記簿の謄本

相続人である未成年者の場合

  • 運転代行業の相続人であることを法定代理人が誓約する書面
  • 被相続人の戸籍謄本
  • 法定代理人に関する上記1及び2の書類

4. 損害賠償措置が適切であることを証明する書類

5. 安全運転管理者等の選任に関する書類

法人の場合

1. 法人の登記簿謄本

2. 定款又はこれに代わる書類

3. 役員名簿(住所・氏名)

4. 役員全員の戸籍謄本又は抄本(役員が外国人の場合は外国人登録原簿)

5. 役員全員の成年被後見人又は被保佐人とする記録がない旨の登記事項証明書

6. 損害賠償措置が適切であることを証明する書類

7. 安全運転管理者等の選任に関する書類

申請受付

認定申請の受付は、主たる営業所を管轄する警察署(交通課窓口)で受付けます。

申請書は、各警察署に備えられています。

認定申請の手数料は、13,000円を沖縄県証紙を貼付して納入します。

認定申請の受付は、各警察署で受付しています。

お問い合せ

沖縄県警察本部交通企画課飲酒運転根絶係 TEL:(代)098-862-0110(内線5032)