信号機が滅灯(消灯)している場合の通行について

2018年10月4日

台風が接近した場合、各地の道路で
○ 倒木、飛散物の残存
○ 信号機の損壊、停電に伴う滅灯(消灯)
のおそれがあります。

 

交差点を通行する場合は、徐行若しくは一時停止をして、特に注意し、次の点に留意いただくよう、お願いいたします。

■ 自動車、二輪車

○ 信号機が損壊・滅灯(消灯)している交差点等で警察官が交通整理を行っている場合は、その指示に従って通行してください。
○ 信号機が損壊・滅灯している交差点等で警察官がいない場合には、交差点等の手前で徐行若しくは一時停止を確実に行い、周囲の車両や歩行者を確認した上で、安全な速度で通行してください。

■ 歩行者

○ 停電地域で外出する際は、明るい服装に心がけ、小型ライトや反射材を活用し、車両に対して自分の居場所を知らせるよう工夫してください。
○ 信号機が損壊・滅灯(消灯)している横断歩道では、無理に横断することなく、できるだけ安全な場所へ迂回して横断してください。

 

※ 外出前には、電力会社のホームページ等で停電している地域に関する情報の確認に努めてください。