平成21年中の警察安全相談取扱状況について

2010年5月19日

相談取扱状況

 

平成21年中の相談件数は、13,176件(前年同期比+54件、+0.4%)でした。

 

警察本部の受理件数は、4,360件(前年同期比-62件)で全体の約33%を占め、残りは警察署の取扱いとなっています。

 

 

- H21 H20 増減 増減率
相談件数 13,176 13,122 +54 +0.4%

 

主な受理態様

 

来訪による相談6,842件(前年同期比+152件、+2.3%)と電話相談5,824件(前年同期比-13件、-0.2%)が全体の96.1%を占めています。

 

相談事案の特徴

 

相談事案で最も多いのは、刑事関係1,777件(前年同期比+65件、+3.8%)で、その次に契約・取引関係、交通関係の順となりました。

 

- 相談事案 H21年 H20年 増減 増加率
1
刑事関係(暴力団問題、刑事事件、その他)
1,777 1,712 +65 +3.8%
2
契約・取引関係(悪質商法を除く)
1,442 1,335 +107 +8.0%
3
交通関係(交通指導取締、交通事故、その他)
1,357 1,226 +131 +10.7%
4
家庭・職場・近隣関係(家事問題)
1,126 1,192 -66 -5.5%
5
ハイテク関係(インターネットトラブル等)
1,020 1,091 -71 -6.5%



ヤミ金融及び振り込め詐欺に関する相談は、1,127件(前年同期比-428件、-27.5%)と全ての項目で減少しました。

 

- ヤミ金融 振り込め詐欺 合計
オレオレ詐欺 架空請求 融資保証 還付金等
H21 341 7 725 53 1 1,127
H20 436 38 924 131 26 1,555
増減 -95 -31 -199 -78 -25 -428
増加率 -21.8% -81.6% -21.5% -59.5% -96.2% -27.5%

 

措置状況

 

解決11,100件(構成比84.2%)、継続1,143件(構成比8.7%)、引継933件(構成比7.1%)でした。

 

相談窓口等のご案内

 

警察においては、犯罪等による被害の未然防止に関する相談、その他県民の安全と平穏についての相談に応じており、警察相談専用電話として『#9110』(警察安全相談室)を開設しています。
  また、警察相談窓口としては、各警察署にも警察安全相談所を設置し、各警察署の代表番号から警察安全相談所が指定できるようになっているほか、専門相談窓口として悪質商法110番、暴力団情報110番等を開設しています。