アルコール依存症と診断されて

2009年6月19日

会社員 男性 40代

 

ある時を境に飲酒運転「根絶」と呼びかけていた。私は、9年前まで酒気帯び運転どころか酒を飲みながら運転していました。運が良かったのか、悪かったのかわかりませんが検挙されるどころか検問すらあいませんでした。幸いにして大きな事故も起こしませんでした。寝るとき以外は、アルコールが体に回っている状態で仕事、家庭のいろいろな行事、もちろん車の運転等をこなしていたと思っていましたが、後から分かったことですがどれもこれもみな私の思い違いでした。仕事は、職場の他の職員が助けていたのです。家庭の行事は、家内、両親、そしてまだ小学生の子どもたちまでもが、私を助けていたのです。私は当時、全く気づいていませんでしたし、ビールを飲みながらの運転も飲酒運転と違反行為と分かりつつしっかり運転していると私自身思っていました。しかしさすがに、普通の状態(飲み方)ではないな。けど酒が体に入らないと体と頭が自分の思いどおりに動かない、動けないようになっていました。幸いに警察の検問にもあわずに大きな事故も起こしていないので私は、誰にも迷惑はかけていない。私自身が飲みたいから飲んでいるとしか思っていませんでした。しかしよく考えてみると変です。朝起きたらビールをまず一本のどに流し込む、会社に出勤前にまたビール一本を流し込む、そしてばれないようにガムや歯磨きをしながら出社、外回りのときは、誰にも邪魔されない嬉しさからスーパーやコンビニでビールを購入してその駐車場で飲む。後からは、さすがに人の目が気になるのでビール数本、ウイスキーと缶コーラ一本を買い、コーラの中身は捨てビールに入れ替えて堂々とドリンクホルダーにおいて運転してお客様と対応していました。たぶん酒の臭いをプンプンさせていたと思います。たまにお客様から「昨日はたくさんうさがったの」と言われたり、あからさまにいやな顔をする人もいました。またトイレが近くなると人目を気にせずにそこらの道のそばで用を足す。しまいにはビールの量が増えてくるとズボンに漏らして家に着替えに行くということがしばしばありました。この辺りから私の飲酒に対しておかしいと思うようになりましたがだんだん酒の量が増えて手の震え、眠れない、多量の汗をかく状態が続きましたが相変わらず酒を止めることはなく、またビール一本でも飲むと不思議なことに手の震えが止まりぐっすり眠ることができました。あとは、酒を飲んで運転しているときのほうが上手く運転しているようにさえ思うようになっていました。周りから見ると蛇行運転をしていたと思います。さすがに、そこまでくると家内や両親でおかしいと気づき意思が弱いからもう自分たちでは見ていられなくなっていたと思います。

南部のアルコール専門病棟のある病院に通い、先生から「あなたはアルコール依存症」と診断され、初めて私がアルコール依存症という病気だと知りました。私の中で私が「アル中、まさか」でも普通とは違う飲酒だからアル中、ショックでした。けど病気だから治ると思い内心「ほっと」していました。また元の「普通の状態に戻れる」と思ったのもつかの間で先生から、「この病気は、アルコールを断たなければならない病気でアルコールが体内に入るとまた元の状態、もっと悪くなる」と言われました。この方がショックでしたが、このアルコール専門病棟に入院している間ARP(アルコールリハビリテーションプログラム)を終えるころには、私には普通の生活を送るには酒がない生き方しかないと教えられ、また一人では出来ないことも学びました。それをきっかけに酒を断って楽しく生活をしている人達、その家族と知り合うことができました。断酒会という自助グループです。このグループと出会い、繋がり今平穏な日々を送ることが出来ています。もう今は、家族に心配をかけない、酒を飲みながら運転していたときのような、考えれば恐ろしいことをしていた私はいません。もしも、常習的に飲酒運転で検挙されている方早いうちに相談してください。もしかしたら誰も傷つけずに今以上家族にも迷惑かけることなく、警察にご厄介にならずにすむかもしれません。人を傷つけたりしたら、失うものは大きいだけに、その前に酒を断ち、断めさせたい人がいる家族の方、その友人は、ことが起きる前に早めに近くの保健所、断酒会(自助グループ)に相談してください。あなたひとりではありません。仲間が待っています。