アルコール依存症と飲酒運転

2009年6月19日

会社員 男性 40代

 

飲酒運転は悪いことだと分かっていても何故運転するのか…最初は、歩いて行ける近くの店でお酒を買っていたのですが、何回も大量にお酒を買っているとこの人「アル中」と思われるのが嫌でわざわざ車を運転して遠くの店で買う癖がついてしまっていました。その頃は、失業中で家の中で一人で過ごすのが嫌でまた、家の中で酒を飲んでいると「仕事もしないで酒ばかり飲んで」と家族と喧嘩になるのが嫌で、バイクのシートに買い込んだビールを入れて近くの海に行って酒を飲んで気を紛らわせていました。このような生活が常態化していたとき、いつもどおり海でビールを飲んでバイクを運転して帰宅する際、前の車が停止したので間に合わずに私はバイクごと転倒してしまいました。酒を飲んで運転していることもあったので右腕を怪我していることも忘れてその場からバイクを押して立ち去りました。

また、娘を送迎するために保育園に車で行った時、園児の母親から「ものすごくお酒の臭いがしますね、それも毎日といっていいほど臭いますよ」と言われ、それを聞いた3歳の娘は、私が保育園に送迎するのをすごく嫌がっていたのを昨日のように覚えています。それでも私の飲酒運転は治らず繰り返していたところ、とうとう信号無視をした際にパトカーに呼び止められ、同時に飲酒運転で検挙され運転免許停止処分となり、交通裁判所行きで罰金を納めることになりました。しかしそれでも飲酒運転をやめることができずにいたところ、知り合いの勧めで病院で診察してもらったところ「アルコール依存症」と診断されました。それからは断酒会に参加することで今では、飲酒運転をしない生活を日々送り続けることが出来ています。