アルコールの与える影響

2015年3月18日

覚えて下さいアルコールの1単位=純アルコール20gを含む酒量

ここにあげたのは、純アルコール約20グラムを含む酒類です。これを「アルコールの1単位」と呼びます。

泡盛やウイスキーなどアルコール純度が高いものほど、量が少ないことがわかるでしょう。

 

 

ビール500ml アルコール度5%日本酒180ml アルコール度15%ウィスキー60ml アルコール度43%

ワイン200ml アルコール度12%チューハイ350ml アルコール度7%泡盛100ml アルコール度25%

 

アルコールの処理にかかる時間

 

体内でのアルコール処理は体重1kgにつき、1時間で0.1gという速度です。

たとえば体重60kgの人が1単位処理するには3~4時間かかります。

体重60kgの人が飲酒して8時間後に勤務したとします。2単位ならアルコールは検出されませんが、3単位だと…?検出されることになります。

これはあくまで目安です。日頃の飲みすぎがたたって肝臓が弱ってたり、風邪薬を飲んでいたりしたら、アルコールの処理にはもっと時間がかかるかもしれません。