警察職員の研究員(科学捜査研究所)

2010年4月13日

警察職員の研究員  警察職員の研究員

Q1.現在の業務内容は

科学捜査研究所は、犯罪現場等から集められた遺留資料等について、科学的知識と技術を用いて犯罪の証明や、被疑者等の認定を行うところで、私は主に、血痕等の遺留資料から血液型やDNA型についての検査を担当しています。

Q2.研究員(科学捜査研究所)を目指した理由

大学で専攻していたDNAについての知識を活かせることができ、人の為に役に立つ仕事に就きたいと考えていたからです。

Q3.今後の目標

多くの知識や経験を積み重ねることにより、多種多様な犯罪等の証明や鑑定に対応できる研究員になりたいです。

Q4.後輩達へのメッセージ

努力すれば夢は叶うものだと信じ、焦らずじっくりと自分のペースで頑張ってほしいと思います。