警察学校入校時特別訓練終了に伴う野外総合訓練について

2010年4月13日

辺戸岬を出発 山原路を走行中 警察学校へ全員完走

目的

特別訓練

入校生に対し、警察学校の教養訓練における必要な基礎体力及び気力を養成する目的で行いました。

野外総合訓練

特別訓練期間の最終日に、

入校約1ヶ月に及ぶ特別訓練の総仕上げの効果の検証

学生、職員間の連帯意識及び融和、協調性の醸成

学生の気力・体力の錬成及び士気の高揚

を図り、豊かな人間性を涵養することを目的に、初任科学生及び職員が一体となった野外総合訓練を行いました。

区間

辺戸岬から警察学校までの87.6Km(21区間)

特別訓練期間等

特別訓練期間

平成21年4月1日(水)から5月1日(金)

野外総合訓練実施日

平成21年5月1日(金)

参加者(117名)

初任科短期課程第45期72名(内女性警察官4人)

初任科長期課程第30期28人(内女性警察官1人)

教官等学校長以下17名

結果

辺戸岬から警察学校までの87.6Kmを21区間に分け、学生及び教官等117名がリレーにより完走。怪我等なし。

途中通過した名護警察署及び石川警察署では、庁舎前歩道において、署長以下職員多数による声援などの激励があり、全員完走に大いに寄与しました。

所要時間

午前9時30分辺戸岬出発し、午後5時31分警察学校に到着しました。

所要時間8時間1分46秒(前年比20分37秒短縮)

各期の平均走行距離

初任科短期課程第45期44.5Km

初任科長期課程第30期40.6Km