メッセージ

2010年4月13日

教官からのメッセージ

教官

 

警察学校では、一人前の警察官を育てるために柔道、剣道、逮捕術等の各種術科による強靱な体力、精神力の錬成と職務執行上の基礎知識や技能の習得、そして、豊かな人間性を身に付けるための各種教養を実施しております。

入校期間中は寮生活となりますが、卒業生からは「警察学校での生活で知力、体力、精神力が身に付き、警察官としてやっていける自信ができた。」、「一生涯付き合える仲間を得ることができた。」との感想も寄せられています。

警察学校では、限られた教養期間内に精強な警察官を育成するため、時には厳しく指導することもありますが、沖縄県を日本一安全・安心なちゅら島にするため、全教官が一丸となって指導に当たっています。

「沖縄県を日本一安全なちゅら島にしたい」と思っているあなたは、警察官としての素質十分です。

あなたの挑戦を待っています。

先輩からのメッセージ

先輩からのメッセージ

警察官を目指した理由

警察官の父が、家の近くで起きた交通事故を迅速に対応する姿を見て、警察官を目指すようになりました。

 

 

警察学校での印象深い体験

野外総合訓練です。特別訓練期間の集大成として、同期の仲間同士で応援し合い、同期の絆で走りきることができました。ゴールのときには、これまで味わった事のない達成感を得たのを今でも覚えています。

 

 

 

先輩からのメッセージ

警察官を目指した理由

強くて逞しく、また、住民の方々を優しく守る警察官という仕事はとても素晴らしい仕事だと思い、志望しました。

 

 

警察学校での印象深い体験

警察学校では柔剣道大会、逮捕術大会等の行事が数多くあります。どの行事も私にとって、印象深い体験でした。特にこれらの行事に向けての厳しい訓練は、一人では多分耐えられなかったと思います。

しかし、時には同期生から励まされ、時には同期生を励まし、乗り越えることができました。

警察学校で得た「同期の絆」は、とても貴重な財産となっています。