運転中のスマートフォン・携帯電話等の使用について

2019年12月9日

○ 令和元年12月1日に施行された道路交通法の改正により、運転中のスマートフォン等の使用に関する罰則が強化されました。

   改正内容は「罰則の強化」のみです。

   自動車が停止している場合を除き、運転中にスマートフォン等の注視や通話、カーナビゲーション装置等の画像を注視することは、これまでと変わらず禁止行為となっています。また、この禁止行為によって、交通の危険を生じさせた場合には、より重い罰則が適用され、法改正ではいずれの違反についても罰則が強化されました。

 

○ Bluetoothなどのいわゆるハンズフリーによる通話使用は上記規制の対象外ですが、沖縄県道路交通法施行規則では、イヤホン等の使用に関して「安全な運転に必要な交通に関する音声が聞こえないような状態」で使用することを禁止しているため、音量等、使用時の状態に留意してください。

 

「運転中のスマホ使用罰則強化」

「政府広報オンライン」

 

○ 一部SNS等で、下記のような情報が拡散していますが、沖縄県警察が公表した内容ではありません。

 

ながらスマホ.png