沖縄県迷惑行為防止条例(以下「条例」とします。)の一部改正に対する意見募集について

2018年6月13日

 条例を改正する上で参考とさせていただくことを目的に意見募集を実施します。
 条例案の内容や、募集期間・提出方法等は次のとおりです。

1 条例案の内容

(1)  改正趣旨

 ストーカー行為等の規制等に関する法律(平成12年法律第81号。以下ストーカー規制法という。)は、特定の者に対する恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足する目的で、当該特定の者(その配偶者、親族、関係者などを含む。)に対し、つきまとい等の行為をすることを規制しています。

 一方、恋愛感情以外の悪意の感情(ねたみ、恨みなど)を充足する目的でつきまとい等の行為を行った場合、ストーカー規制法による取締りの対象外となります。

 例えば、職場で悪口を言われたと思い込み、逆恨みして職場の同僚等に無言電話を架けたり、自宅に何度も押し掛ける等のつきまとい行為をすることや、金銭トラブルやゴミ出しに関するご近所トラブルから相手方に対し、汚物や動物の死骸を送りつける等の行為はストーカー規制法で取り締まることはできません。

 そこで、このような行為を条例で罰則を定めて規制し、県民皆さまの生活の平穏を保持するため、条例の一部改正を行うものです。

 

(2) ストーカー規制法との比較

 条例で規制する「つきまとい等」はストーカー規制法と同様ですが、行為の目的が異なっています。

  条例改正案 ストーカー規制法
目的 ねたみ、恨み、その他悪意の感情を充足するため 恋愛感情その他の好意の感情又はそれが満たされなかったことに対する怨恨の感情を充足するため
行為

以下の行為を反復して行うこと

  • つきまとい、待ち伏せし、進路に立ちふさがり、住居等の付近において見張りをし、住居等に押し掛け、又は住居等の付近をみだりにうろつくこと。
  • その行動を監視していると思わせるような事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
  • 面会その他の義務のないことを行うことを要求すること。
  • 著しく粗野又は乱暴な言動をすること。
  • 電話をかけて何も告げず、又は拒まれたにもかかわらず、連続して、電話をかけ、ファクシミリ装置を用いて送信し、若しくは電子メールの送信等をすること。
  • 汚物、動物の死体その他の著しく不快又は嫌悪の情を催させるような物を送付し、又はその知り得る状態に置くこと。
  • その名誉を害する事項を告げ、又はその知り得る状態に置くこと。
  • その性的羞恥心を害する事項を告げ、若しくはその知り得る状態に置き、その性的羞恥心を害する文書、図画、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。)に係る記録媒体その他の物を送付し、若しくはその知り得る状態に置き、又はその性的羞恥心を害する電磁的記録その他の記録を送信し、若しくはその知り得る状態に置くこと。

 

(3) 改正内容

ア 反復したつきまとい等の禁止関係(新設)

ねたみ、恨みその他悪意の感情を充足する目的で、つきまとい等を行うことを規制します。つきまとい等の行為の類型はストーカー規制法第2条第1項と同様です。

イ 電子メール送信等の定義(新設)

パソコン、携帯電話端末によるEメール、GMailなどのウェブメール、携帯電話同士のショートメール(SMS)ほか、LINE、Facebook等のSNSメッセージ機能を利用した電気通信について定めます。

ウ 罰則の制定(新設)

条例に違反した場合は「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」、常習として違反行為をした場合は「2年以下の懲役又は100万円以下の罰金」とします。

2 募集期間

平成30年6月13日(水)~同年7月13日(金)

※ ただし郵送の場合は当日消印有効とします。

3 提出方法

電子メール、郵送のいずれかの方法により提出して下さい。

 

(1)  メールアドレス

seikatuanzenkikaku@police.pref.okinawa.jp

 

(2)  郵送先

〒900-0021 
沖縄県那覇市泉崎1丁目2番2号 沖縄県警察本部生活安全企画課

4 提出時の留意事項

(1)  別添様式を使用し、日本語で簡潔かつ明瞭に記載して下さい。 
(2)  住所、氏名、電話番号を明記して下さい。
(3)  電話での受付はしておりませんので御了承下さい。

5 個人情報の取扱いについて

(1)  意見書に記載して頂いた住所、氏名等の個人情報は、今回の条例改正に関する意見募集の業務のみで使用し、沖縄県個人情報保護条例(平成17年沖縄県条例第2号)に準じて適切に管理され、公表されることはありません。

(2)  御提出頂いた意見について、それを公表することにより、個人又は法人の権利、競争上の地位、その他の正当な権利を害するおそれのあるものは、その全部又は一部を公表しません。

6 その他

(1)  御提出を頂いた意見と、それに対する県警察の考え方(以下「考え方」といいます。」を県警ホームページ等に一定期間公表します(5(2)に該当する意見を除く。)。

(2) 趣旨が不明瞭な意見の場合、考え方を示すことができない場合があります。

(3)  意見を提出された方(個人・法人)への回答はいたしませんので御了承下さい。

7 意見書の様式

意見書_様式.pdf(31KB)