警察官のサングラス使用について

2011年11月22日

 

001_keisatsu.jpg

紫外線の影響による目の疾病には「白内障」、「角膜炎」、「結膜炎」が知られていますが、沖縄県における年間の紫外線量は、関東地方の約1.5倍、冬期といわれる2月の紫外線量も関東地方の10月と同等であると言われています。
そのような紫外線の被害防止として、簡易でもっとも効果的な対策がサングラスの使用です。
街頭で活動することの多い警察官は目を保護するためにサングラスを使用することがあります。