信号サイクルの短縮について

2014年9月25日

県警察では、平成26年9月19日午後9時から、国道58号明治橋交差点から嘉手納交差点までの約22.5kmの間、夜間の速度超過による事故を抑止するため、及び昼間の交通の円滑化を図るため、信号サイクルを短縮します。

 

信号サイクルとは、信号灯が、青→黄→赤と一巡する時間のことで、交通量や交差点の大きさ、歩行者の横断時間などを考慮して決定しています。

 

国道58号など県内の幹線道路では、信号サイクルを150秒から170秒を基本に設定しています。

 

これを10秒短縮することによって、夜間においては、停車回数を増やすことで速度超過による事故を抑止し、また、昼間においては、右折車両が右折専用車線から溢れるのを防止したいと考えています。

 

みなさまのご理解とご協力をお願いします。