標的型攻撃(スピア型攻撃)に注意


 

特定の企業・団体や個人を狙った電子メールにより、ウイルスの感染や偽ホームページに誘導して情報を入手する(フィッシング)等の標的型攻撃(スピア型攻撃)の被害が懸念されており、県内でも同様な攻撃が確認されております。

標的型攻撃(スピア型攻撃)について

標的型攻撃には、

  • 不特定多数ではなく、特定の企業・団体、個人を狙う。
  • 取引先や関連団体等の人物を名乗り、通常のメールと区別がつきにくい。

等の特徴があるため、不用意にウイルスの添付されたファイルや偽ホームページを開いてしまうことになりがちです。

次の点に留意して、不審に感じたメールは開かないようお願いします。

  • 関係機関からのメールであっても内容に違和感を感じたら添付ファイルを開かない。
  • ホームページやメールに個人情報(特にパスワードやクレジットカード番号等の重要な情報)を容易に記入しない。
  • ウイルス対策やセキュリティパッチ(修正プログラム)の適用を適切に行う。

参考ページ


沖縄県警トップページサイバー犯罪対策トップページ 沖縄県警の紹介 相談・問合せ
沖縄県警察本部
〒900-0021 那覇市泉崎1丁目2番2号
Tel: 098-862-0110(代)